震災から6年目

3.11から6年を迎えました。
人によって感覚は違うかもしれませんが
私は「もう6年」という印象があります。
私みたいに被災もなにもしていない人間が話すのもおこがましいかもしれませんが
6回目の3.11を迎えて思い返したことを書きます。
6年前のあの日は、教習所から帰ってきて
テレビをつけた直後でした。
「宮城県震度7」
大きな地震やなと
テレビを見ていると
どんどん高くなる津波予測
海に飲み込まれる街の映像
原子力発電所の爆発
次々と起こる非日常的な恐ろしい出来事に
ただテレビを眺めることしかできなかったのを覚えています。
そんな私は、入学が決まっていた大学に
たまたま防災の専攻があることを知り
迷わずその道に進むことを決めました。
「自分がこの震災を通して何かを学び、防災という分野でできることを見つけたい」
昔のことなので忘れましたが
そんな動機だったような気がします。
結局今も、その答えはわからないまま、6年間防災に関わり続けています。
ただ、その6年間の中で、一つ学んだことがあります
「毎日を大切に生きていこう」
しあわせ運べるようにの歌詞にもありますが
この言葉がきっかけです。
「今、私たちが生きている今日は、亡くなった方々が生きたかった今日です。」
これからも、この言葉を心に留めて
後悔しない人生を送ろうと思います。
そして、これからも
何らかの形で、被災地に関わっていければと思います。
以上、少し長文になりましたが、6回目の3.11を迎えて思い返したことでした。
↓雄勝町船戸から撮影(2016年12月)
15590548_1287689864625196_3959237606495965010_n

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中