震災から5年目という節目を迎えた思い

ご無沙汰しております。
最近、急に暖かくなったり体調管理が大変ですが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?
3月で、Small sunlightとしての活動の節目を迎えます。
2015年度では、現地に2回訪れ主に漁業のお手伝いをして参りました。
そして、雄勝でさらに新たな出会いがありました。雄勝で活動を始めて、
今年の5月で3年になりますが、現地でようやく活動の土台が出来たように感じております。
この3年で、雄勝がどのように変化してきたのか拝見してきましたが、街並みは前よりも瓦礫が少なくなったように思います。
しかし、まだ至る所では震災の傷跡が残っています。

また、人々の生活にも大きく変化しました。
名振地区では、復興住宅への移転が始まり、すでに復興住宅で再スタートを切られた方々もいらっしゃいます。
少しずつ雄勝が前に進んでいることに私たちはすごく嬉しいですし、これからも一緒に活動していきたいなと考えております。
ここから少し、私の個人的な話になりますが、
被災地ではもうすぐ震災から5年目の節目を迎えますが、私自身、5年という月日が流れていることに驚きです。
この5年間、ほぼ毎年被災地へ訪れ、色んな方々のお話しを聞いてきましたが、その中で「傍にいることの大切さ」を学びました。
その思いから、私は時間とお金があれば東北で出会った人たちに会いに行っています。
この先も、東北で待ってくれている人がいる限り、私は現地へ行こうと思ってますし、行きます‼笑
ちなみに、私事ではありますが3月11日に静岡県浜松市で行われるキャンドルナイトに参加する予定です。
そこで浜松市の学生と共に、浜松から東北へ思いを伝えていきたいと思います。

 

 

今年も、雄勝で活動出来るようになったので、一緒に活動したい新しい仲間も見つけてこようかと思います笑\(^o^)/

 

 


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中